読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ossan-arrow

Lust und Liebe zu einem Ding macht alle Mühe und Arbeit gering.

初めての本郷

東大

機械工学科は、毎週金曜日だけ本郷キャンパスで講義が行われます。つつじヶ丘からだと少し遠くなりますが、京王線・都営新宿線東京メトロ南北線を乗り継いで東大前駅に到着。さすがに来年度が始まるまでには本郷の近くに引っ越しておかないと、毎朝大変なことになりそうです……。

1限目・2限目は「機械工学総合演習第一」。機械工学に関する実験やCADを使用した製図を行います。今回はガイダンスを一通り終えた後、手描きの製図を行いました。来週から始まる実験が楽しみですね。

お昼の時間にはとりあえずどこかで食料を確保しないといけないので一旦教室を出ましたが、工学部2号館のサブウェイは既に大行列、生協も少し遠く感じられたので、今日はローソンでおにぎりを購入。またじっくりと構内のお店を回ってみたいですね。

3限は「メカトロニクス第一」。初回はメカトロニクスの概要についてだけを延々と喋ったので特にノートを書くこともありませんでしたが、来週からはRLC回路から本題に入るようなので楽しみです。

4限は「機械設計」!実は楽しみにしていた講義の一つ。今日はこれまたほぼガイダンスでしたが、スケジュールを見るとワクワクしてきますね。そして5限の「生産の技術」は前評判通り8割が雑談で終了。しかし今回は福島第一原発事故についての解説で、なかなか興味深いお話でした。

好きな分野についての講義だと、5コマずっと同じ教室で聴いていてもぜんぜん疲れないですね。工学部の教室は各座席にコンセントが設置されているので、ノートパソコンでノートをとることも出来ますし。ただ、漢字を忘れないようにしないといけませんね(^_^;) 漢字を忘れるのをパソコンのせいにしたがる人ってどうかと思いますけど……。