読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ossan-arrow

Lust und Liebe zu einem Ding macht alle Mühe und Arbeit gering.

幸せ研究計画その3 〜ディスプレイ編〜

やって来ました第3弾。今回は、研究室にディスプレイを導入しました! そのディスプレイから、最新の記事をお届けします(^ ^)

結論から先に言うと、購入したのは以下のモデル。DELLのU2417Hという機種です。

今回の選定に際して決めた条件は以下の通り。だいたい下に向かうにつれて絞られます。

  • 21.5–24インチ程度
  • 1920 px × 1080 px
  • 5万円以内(アダプタ・ケーブル込み)
  • IPS非光沢
  • (ある程度)発色が良い
  • 縦置き可能(使うかどうかは別として……)

ヨドバシAkibaに下見に行ってみたところ、LCD-HC241XDBが展示してあったので最終的にはどちらかで迷うことになりました。

割とよく似た売りの商品だったので30分ほど悩んだのですが、結局は消去法で「この飛び出した電源スイッチはいただけないよなぁ」とDELLの勝利。USBハブとして機能するのも、ポート1つのMacBook勢にとってはプラス要素でした。

今朝ヨドバシで注文して、夕方には研究室に到着。セットアップして付けてみた第一印象は「買って良かった」でした。自分のイチオシカワウソ写真を壁紙にセットしていたこともあって、初めは4Kと間違われる美麗さ。本当の4Kディスプレイだったらどれだけ綺麗に見えるんだろう……と期待も膨らみますが、それはもう少し先になりそうです(^_^;)

ベゼルが薄いモデルは初めて購入したのですが、空間の中に2Dの画面が浮かんでいる錯覚が何とも不思議な感じです。ただ巷でも言われているように周辺の光量落ちは気になる人は気になるかと思います。自分はそういう使い方はしませんが、選定の際にはご注意ください。