読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ossan-arrow

Lust und Liebe zu einem Ding macht alle Mühe und Arbeit gering.

始発で行くアクアマリンふくしま

本郷近辺に住んでいると享受できる有難いメリットの一つが、上野駅まで頑張れば歩けるということ。頑張れば。といっても1時間かかりません。もともと動物園で歩き慣れているので余裕です。

というわけで、上野駅を5:10発の常磐線快速で水戸駅へ行き、そこから乗り継いで泉駅へ。バスで10分ほどの支所入口停から歩いて15分でアクアマリンふくしまです。デカい!
f:id:ossan-arrow:20160321101740j:plain

ここには昨年最近出来たばかりの「縄文の里」という屋外展示施設があり、その一角に「カワウソのふち」という展示スペースがあります。ここがまたデカい!
f:id:ossan-arrow:20160321161548j:plain

なんということでしょう。ここ全部カワウソのための場所。写真に収まりきらない(^_^;)
f:id:ossan-arrow:20160321100920j:plain

わざわざ歩いてまで始発電車に乗ったのは意味があって、ご飯タイムが朝9:30からなので、始発に乗らないと間に合わないのです。
f:id:ossan-arrow:20160321100616j:plain

そして始まったご飯タイム! ドナウとまろんの餌はトレイで分けられているようです。
f:id:ossan-arrow:20160321093141j:plain

バビュ〜ンと泳ぐカワウソを見ることが出来るのは全国でも珍しいのではないでしょうか。ちなみに水槽内にはあらかじめ小魚が放たれているのですが、カワウソが泳いでいる間は隠れていて全然見えません。寝静まるとどこからかワラワラと出てきますが、運悪くカワウソに遭遇してしまった時にはこちらとしてはラッキー! 全速力で泳ぐカワウソを見られます! 超速です。
f:id:ossan-arrow:20160321092532j:plain

さて、満腹になったカワウソ達が落ち着いたので、こちらも館内を見て回ることに。
f:id:ossan-arrow:20160321102018j:plain

「環境水族館」というコンセプトのアクアマリンふくしま、他とは一味違った工夫が各所に行き渡っています。その一つが「食育」で、とても水族館とは思えない豪華な海鮮セットも展示を見ればその理由が分かります。
f:id:ossan-arrow:20160322234921j:plain

特にお気に入りになったのが海獣の餌やりタイム! その中でもトドの餌やりは大迫力です!
f:id:ossan-arrow:20160321104211j:plain

カワウソの展示場所は「カワウソのふち」だけでなく、「アクアマリンえっぐ」という施設の中にもカワウソの展示場があります。河童伝説と絡めた説明もなされていて面白い。
f:id:ossan-arrow:20160321151524j:plain

「カワウソのふち」に戻ってくると、2頭は仲良くお昼寝。こちらもお昼寝……といきたいところですが、夜まで起きそうにないし、だいいちここにはベンチが無い(^_^;)
f:id:ossan-arrow:20160321154700j:plain

2頭を見守ること1時間、スーパー逆光気味になってきたところで再びご飯タイム!
f:id:ossan-arrow:20160321160736j:plain

光るガラスで肉眼でも見えにくい状況でしたが、奇跡的にお気に入りショットも生まれました( ^ω^ )
f:id:ossan-arrow:20160321160311j:plain

初めて訪れたアクアマリンふくしまでしたが、カワウソを抜きにしてもまた訪れたいと感じさせる素晴らしい展示でした。明日は東武動物公園を訪れます!