読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ossan-arrow

Lust und Liebe zu einem Ding macht alle Mühe und Arbeit gering.

カワウソ中距離遠征 in 千葉市動物公園

いつもより余分に早起きして、向かった先は東京駅。総武快速線の千葉行きに乗り、集合場所の千葉駅改札口へ。そう、今日は待ちに待った千葉市動物公園です! 前日には雪の予報が出ていたのでかなり心配だったのですが、どうやら全然降らなかったようで杞憂でした。

千葉駅からは、千葉都市モノレールに乗って動物公園駅へ。このモノレール、日本では珍しい懸垂式モノレールで、しかも世界最長なんです。今日は途中駅までですが、乗務員室の下がシースルーになっていて迫力満点でした。
f:id:ossan-arrow:20160130093308j:plain

コツメカワウソの展示スペースは、このような感じになっています。川が流れ込んでいる手前から右にかけて、深いプールが広がっており、泳ぐスペースも十分に確保されています。
f:id:ossan-arrow:20160130102250j:plain

数年前までは大家族だったらしいのですが、今こちらのスペースではマドリー・アムス・ロータス・ハラパンのオス4頭が飼育されています。まだここのカワウソ達は全然個体識別ができないので、ざっくりとした紹介になってしまいますが……。
f:id:ossan-arrow:20160130100206j:plain

人が近付いて来た時には、カワウソ達が挨拶(もとい、チェック)しに来てくれます。
f:id:ossan-arrow:20160130100406j:plain

スペースには丸太などが多く設置されているので、隙間をチェックしたり身体を擦り付けたりして過ごしていますが、お昼ご飯の時間が迫ってくるとソワソワ。今日は雨でガラス面が曇っていたので(言い訳)マトモな写真が無いのですが、水中でダイナミックにドジョウを捕まえる様子を見ることができました!
f:id:ossan-arrow:20160130132210j:plain

さて、千葉市動物公園で忘れてはならないのが、「二本足で立つレッサーパンダ」こと風太くん。実は孫まで生まれているので、もはや「くん」と呼んでいいのかどうか微妙な所ですが……。立派なレッサーパンダ舎ができ、多くのレッサーパンダが飼育されています。
f:id:ossan-arrow:20160130135715j:plain

餌やりの時間には飼育員さんの持つリンゴを立って受け取ったり、皆さん大活躍中です。
f:id:ossan-arrow:20160130135158j:plain

我々はというと園内にあるレストランで昼食をとったのですが、これが意外なことに大変充実していました! ぜんざいまで売っていたのでつい頂いてしまいました( ^ω^ ) いやあ、良い所です。東京からの運賃がもう少し安ければ、言うこと無しなんですが……(´Д` ) それは仕方が無いですね。

オマケ:ベニコンゴウインコさんがいるとついつい撮りたくなってしまう。
f:id:ossan-arrow:20160130141230j:plain