読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ossan-arrow

Lust und Liebe zu einem Ding macht alle Mühe und Arbeit gering.

結局上野動物園

タイトル通り、結局また上野動物園に行っちゃいました(^_^;) さすがにもう年間パスポートの元が取れちゃいましたね。

f:id:ossan-arrow:20140726153539j:plain
このオジロワシさんとも顔見知りになった感が有ります。彼はどう思っているのか分かりませんけど。こういう時って動物の言葉を翻訳してくれる装置が欲しくなりますよね。「オナカスイタナー」なんて言われてもそれはそれで悲しいのですが……。

f:id:ossan-arrow:20140726154959j:plain
これは個人的にお気に入りの一枚。この木陰から覗いた風の場所取りもなかなか難しかったですし、目にピントを合わせるのも難しいのです。さすがにカメラのオートフォーカスだけでは甘いので、合焦後フルタイムマニュアルフォーカスにて手動ピント合わせを行っています。

f:id:ossan-arrow:20140726155612j:plain
お食事中。この後子供の泣き声を尻目に見事な丸呑みを披露してくれました(?)。

f:id:ossan-arrow:20140726160154j:plain
お待たせしました、水も滴るシリーズ(*_*; 今回のモデルはシロクマさんです。今日も例によって暑そうなご様子。そりゃそうだ。一通り泳いだあとは豪快なブルブルを披露してくださいました。
f:id:ossan-arrow:20140726160202j:plain
ちなみにこの「ブルブル」って、名前が有るのでしょうか?知っている方は是非教えて下さい……。

f:id:ossan-arrow:20140726161944j:plain
狙っていた構図からは外れちゃったものの、可愛いのでセーフ。スマトラトラ舎にいるとPLフィルタが欲しくなりますね。機材を揃えるのって大変です。動物を撮る時って割と縦構図が多いので、バッテリーグリップなんかも欲しくなってきますし。先は長い……。

f:id:ossan-arrow:20140726162722j:plain
頭から木が生えた珍しいタイプの孔雀です。嘘です。木が被ってるだけです。近くで見ると、お顔もお美しい。近すぎるとさすがに柵を隠せないんですけどね。

f:id:ossan-arrow:20140726163112j:plain
どう撮ったら良いのか分からない鳥選手権No. 1を獲得し続けていたものの、こうやって逆光で撮るとこれはこれで有りなんじゃないかな〜という気もしてきました。どうでしょう?

最後はフクロウ二十面相でお別れです。フクロウってホント役者ですよね。
f:id:ossan-arrow:20140726163523j:plain
f:id:ossan-arrow:20140726163526j:plain
f:id:ossan-arrow:20140726163535j:plain